クレジットカード現金化を行っている業者の数は多く、口コミなどをしっかりと確認しないと悪質な業者に騙される可能性があります。
業者の数が多いという事は、それだけ優良なサービスを提供しているとは限らなくなるのです。
メールしか連絡方法がないなど、悪質な業者は注意していれば避けることも出来るのです。
■業者の中には悪質な詐欺もある
クレジットカード現金化を利用する人は、あまりそのことを他人には知られたくないと思っている場合があります。
ですからそこにつけ込んで、詐欺を行ってお金をだまし取る悪質な業者が存在しているのです。
特に還元率が高くて魅力的だと思わせている業者には、申し込んでも銀行に振り込みが行われない可能性があります。
電話では他人に聞かれるかもしれないので、メールやホームページからしか申し込めなくても気にしない人がいます。
ですが連絡方法に電話がないというのは、怪しい業者の条件なのです。
■メールだけだと連絡が取れなくなる
悪質なクレジットカード現金化の業者に申し込んだ場合、全くお金が振り込まれない場合もあります。
振り込まれないのでおかしいと思っていても、連絡も取れないという事があるのです。
最初は問い合わせのメールに対して、確認している所ですなどの返信が来ていても、次第にその返事まで来なくなります。
その結果、銀行にお金は振り込まれないにも関わらず、クレジットカードの請求は残ったままになるのです。
業者との連絡方法がホームページからやメールしか無い場合は、いくら還元率が高くても利用はやめておきましょう。
■電話で申し込める業者を探す
電話番号がはっきりと分かっていれば、メールのようにすぐに連絡が取れなくなることはありません。
優良なクレジットカード現金化の業者になると、電話番号もフリーダイヤルが用意されています。
メールの方が会話をしないので便利だと思う人もいるでしょうが、その会社への連絡方法として電話が用意されているかどうかは確認しておきましょう。

関連記事