クレジットカード現金化はとても便利に現金を手にすることができる方法です。キャッシングとよく似ていると勘違いする人もいるのですが、キャッシングとは全く違っています。クレジットカード現金化とキャッシングの違いについてここでは見ていきましょう。
■キャッシングとの違いは?
クレジットカード現金化とキャッシングの違いですが、これはキャッシングの特徴をまずは知りましょう。キャッシングは借入にあたります。借金をすることになります。金融機関が個人に対して小額の融資をすることをキャッシングといい、主にはATMから引き出したり、CDから引き出して借入も自由、返済も機械から行えるという特徴があります。キャッシングを使った場合には、元金に利息を足した金額を返済することになるのですが、銀行等のローンと比較すると金利は高くなりますので、借りすぎると返済できないほどの利息が増えることもあります。現在は総量規制といって年収の3分の1までしか借入ができなくなったという決まりがあります。これがキャッシングです。
■クレジットカード現金化は違う
クレジットカード現金化は借入ではありません。業者から借り入れをするのではなくて、業者でショッピングを利用してそしてショッピング枠で支払うという流れになっているので、業者から借入をするという一般的なキャッシングとは違っているのです。そのために支払い方法もリボ払いや分割払い、一括払いから選ぶことができるので、自分の好きな方法で無理なく返済可能です。金融機関からお金を借りるわけではないので、取立てなどもありませんから安心です。またクレジットカードを持っている事そのものが利用条件ですので、あとはショッピング枠が残っていればあとは何もいりません。クレジットカード現金化業者による審査等も一切ないのです。審査なしで利用する事が出来るというのも特徴でしょう。
キャッシングはお金を借りることであり審査が必要になります。クレジットカード現金化はショッピング枠を利用するのでストレートにお金を借り入れる訳ではありません。

関連記事